結婚式のプロフィールムービーを自作するためのアイデアまとめサイト

>

どのような写真を使うかが重要!

ゲストが映っている写真を使う

プロフィールムービーは新郎新婦の生い立ちや2人の馴れ初めをゲストに知ってもらうためのものではありますが、それと共にゲストをもてなすものでもあります。
ですのでゲストが置いてきぼりになってしなうようなムービーになってしまっては、あまり良くありません。
もちろん凝った内容のムービーであれば見ているだけでも面白いという風にはなりますが、よりゲストに楽しんでもらうのであればゲスト自身も写っているものであればより楽しんでもらうことも出来ますし興味を持ってもらうことが出来ます。
披露宴には、ライフステージごとに様々な関係性の方が来てくれています。
写真を選ぶ際には偏りのないように、どの時代の写真もバランスよく使用することで皆が楽しむことが出来るものになります。

2人の写真の選び方には要注意

プロフィールムービーでは2人の馴れ初めも紹介していくことになりますので、もちろん2人の思い出の写真も使用することになります。
ですが、ここで注意が必要になるのは自己満足にならないようにしなければいけないということです。
あまりにも2人がくっついている写真ばかりであったり第3者がみてどうなの?と思うような写真を流すことは避けましょう。
見ているゲストがげんなりしてしまったり、見ていられないというようになってしまっては困ります。
自分達が見て欲しい写真と人が見たいと思う写真が同じではないということを忘れないようにしましょう。
人が見てどう思うかというところまできちんと考えて、ゲストに祝福してもらえるようなムービーを作りましょう。